「こころの風景」にお越しいただき誠にありがとうございます。
ここでは、私の恋の悩みや現実・妄想を詩にしています。 未熟ではありますが目を通していただければ嬉しいです。

なお、
・意図が分からない。(何で「○○○」って書き方をするの?など)
・言っている意味が分からない。(「○○○」の部分って何を言いたいの?など)
・批判、批評、悪口 ・似たような詩を見たことがある。

など、 何かありましたら、お気軽にコメントしてください。
基本的に詩の解釈は読み手の自由と考えますが、書き手である私の解釈を答えたいと思います。
もちろん、感想・助言・共感などのコメントもお待ちしております。

これからも「こころの風景」をよろしくお願いします。
2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しいね 切ないね
サヨナラばかりの恋は
夢の影ばかり映る
想い出の涙

恋をして 傷ついて
泣いてばかりの心にだって
いつか涙にぬくもりを覚える
光に包まれて

恋はまるで幻さ
夢を見たり覚めたり
行ったり来たりの 好きと嫌いが
嘘つきな心を迷わせる



言いたくて 言えなくて
本当は好きだなんて
心の闇に映る
意気地なしの恋

見つめるしかできない
行き場のない恋だから
心が壊れてしまいそうさ
ガラスのように

恋なんてしたくない
そんなのは嘘だから
行ったり来たりの 好きと嫌いが
透明な恋を迷わせる
スポンサーサイト

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。