「こころの風景」にお越しいただき誠にありがとうございます。
ここでは、私の恋の悩みや現実・妄想を詩にしています。 未熟ではありますが目を通していただければ嬉しいです。

なお、
・意図が分からない。(何で「○○○」って書き方をするの?など)
・言っている意味が分からない。(「○○○」の部分って何を言いたいの?など)
・批判、批評、悪口 ・似たような詩を見たことがある。

など、 何かありましたら、お気軽にコメントしてください。
基本的に詩の解釈は読み手の自由と考えますが、書き手である私の解釈を答えたいと思います。
もちろん、感想・助言・共感などのコメントもお待ちしております。

これからも「こころの風景」をよろしくお願いします。
2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい雨が降る  
まるで 涙のカーテンのようだね
何も見えなくなるほど
強く 強く・・・

心の激しい雨が 
柔らかく愛を包み込む
涙の後の熱い時間が
ふたりを愛にいざなう

何でこんなに好きなんだろう
もう離れていったはずなのに
どうしようもないくらい
永遠に想う運命だったんだ

涙の雨がふたりを固く結んだ



淋しくさせたね
ごめんね 君の事を待たせたりしないよ
いつまでも抱いているよ
強く 強く・・・

君を吹き抜ける風が 
優しく愛を包み込む
涙の後の温もりの時間は
ふたりの愛の調べ

何でこんなに幸せなんだろう
君と感じている瞬間は
止められるはずのない
「永遠」と言う名の愛だったんだ

心の風がふたりを優しく結んだ
スポンサーサイト

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。